「女性活躍推進」や「働き方改革」、「生産性向上」や「キャリアアップ」など、社会から求められる『人材育成』を通して、人と企業が継続して「成長・発展」するための研修・コンサルティング会社です。

「昇進望まない女性多く」の壁

【「昇進望まない」女性多く・・をどう考えるか】

2016.2.20(土)の日経新聞に、「共働き率と女性管理職比率」の分布図が掲載されています。(下記画像)
このように地域別のデータにしてみると、改めて日本全国での女性活躍推進の進捗と課題が浮き彫りになります。また、同記事内には、実は女性の多くは、「昇進望まない」という声も多く、その理由としては、「仕事と家庭の両立が困難になる」ということが最も多いそうです。これは、長い間日本に根付いてしまった「管理職のイメージ」や「現実」からの影響もとても大きいと思っています。

◎管理職になると・・・
・固定給に変更になり、残業代がつかない
・会議が増える
・残業が増える
・有給休暇も取れない
・定時に帰れないので、家庭に影響が出る
こんなイメージがあるのではないでしょうか。

また、女性は「課長になりたい!」とか「部長を目指している!」という役職に就くことが目的ではなく、仕事やライフに「やりがい、生きがい」を見いだし、頑張れるのだとも思います。

ある日「君に新しいグループリーダーを任せたい」と言われた時、多くの女性は一瞬戸惑いを持つと思います。私もそのような経験をしました。しかし、そんな時、「あなたなら大丈夫」というまわりからの一言で「頑張ってみよう!」と思えるものです。そして、直属の上司が、最もワークライフが充実している方だったら・・・

昨年、株式会社サーキュレーション様より、久保田にインタビューいただきました記事が、皆さんの会社でもお役に立ちますように。

◆女性管理者向けコラム
「女性リーダーの活躍には何が必要か?女性の管理職登用に求められるリーダーシップ」

(インタビュー by 株式会社サーキュレーション:久保田一美)


[出典]:2016.2.20(土)の日経新聞33面「共働き率と女性管理職比率」