「女性活躍推進」や「働き方改革」、「生産性向上」や「キャリアアップ」など、社会から求められる『人材育成』を通して、人と企業が継続して「成長・発展」するための研修・コンサルティング会社です。

仕事と人脈のわらしべ長者

【仕事と人脈のわらしべ長者】

キャリアコンサルティングをしているなかで、「私の仕事はここまでです」と決めてしまっている社員が多く、あいまいな業務に関して、不平不満がたまっているのですが、どうしたら良いですか?とご相談を受けることがあります。

会社内には、誰が担当というはっきり決まっていない業務も日常あるもので、なるべく関わりたくないと思ってしまう方も少なくありません。そんなとき、わたしはこのようにお伝えします。

「仕事のわらしべ長者」をご存知ですか。

日本の昔話で、「わらしべ長者」のお話は皆さんもご存知かと思います。何をやってもうまくいかなかった心の優しい男性が、一本の藁からはじまって、出会う人と次々に物々交換をするうち、やがて大長者になったというお話です。

このお話の大事なところは、男性が何か褒美を期待してそうしたわけではなく、出会った人への心から感謝されることを続けてきたことです。

つまり「仕事のわらしべ長者」というのは、「何か見返りを期待したりすることなく、一生懸命することが大切である」ということと、《小さな仕事を掴むものは、やがて大きな仕事を掴む》ということを、意味しています。目の前にある小さな仕事を大切に、そして、誰も手をあげない仕事を自ら掴みにいく。そうした前向きな行動をしている方は、やがて大きな仕事を任されるようになります。

私の長いキャリア生活でやってきたこと・・・
◆目の前の仕事を一生懸命やる
◆お給料以上の仕事をするという心構え

こういったことを、ただただ行動することで、たくさんのチャンスに恵まれ、人間関係、職場関係にも恵まれ毎日を過ごせてきています。

先日お知り合いになった方から、「人脈のわらしべ長者」というお言葉も教えていただきました。その方とは、様々なことに不思議なご縁があります。人脈のわらしべ長者というのは、初めて出会ったときに交換する小さな1枚の名刺が、やがて大きなご縁に繋がっていくという意味だそうです。

人と人とのご縁、仕事とのご縁は、ほんの小さなきっかけや、偶然の重なりなどから繋がっていくと思っています。そのような奇跡とも言えるご縁を大切にしていきたいと思います。

すべてのご縁に心から感謝です。

*******************************************************
人材育成で発展する、人と企業のストーリー創造
MY STORY K.K. 代表 久保田 一美
www.mystorykk.com
*******************************************************