「女性活躍推進」や「働き方改革」、「生産性向上」や「キャリアアップ」など、社会から求められる『人材育成』を通して、人と企業が継続して「成長・発展」するための研修・コンサルティング会社です。

◆女性活躍推進において、まずは「心と体」を大切にすることを伝えたい

【女性活躍推進において、まずは「心と体」を大切にすることを伝えたい】

2016.12.2(金)は働く女性を応援する書籍第2弾、
『凛女の選択 30代からのリアル 心と体、生きる道』
(共著:凛女推進委員会、監修:NPO法人女性医療ネットワーク
出版記念トークショーを八重洲ブックセンター(東京・本店)にて
無事に開催いたしました。

今回の書籍の全体企画構成および、執筆をいたしました
代表世話人である荻原実紀さんと私、久保田一美から冒頭のご挨拶を。

続いて今回特別付録である、
「女性の健康手帳」を監修いただきました、
NPO法人女性医療ネットワークの代表理事 対馬ルリ子先生、
同じく理事の戸倉蓉子先生、平田雅子先生との
トークショーにて進行を務めさせていただきました。

30代ごろに訪れることが多い「心と体」の変化。
そして、キャリアに関する悩み。

女医の先生方からのお言葉で、30代にどう働くか、
体を大切にするかで、「40代、50代以降が
変わってくる」というお言葉が印象的でした。

また、年齢に制限を付けることなく、
「一度きりの人生、やりたいことにチャレンジしていきましょう!」
という大変勇気の出るお言葉もお聞きすることができました。

そして、代表理事 対馬ルリ子先生からは、
今回の「女性の健康手帳」への思いを。

『子供の頃は「母子手帳」というものがあるけど、
大人になったら自分の健康を管理する手帳ってない。
だからこそ、《女性の健康手帳》を世の中の女性の方に広めていきたい』
とのメッセージをいただきました。

働く女性にとって、最も大切なことは、
まずは、たった一つしかない「心と体」。
その上での人生選択です。

現代国内において、「長時間労働」や「メンタルヘルス」の問題があります。
これは、たった一つしかない
「心=自分がどうありたいか、本当の自分は何を未来に望んでいるのか」
「体=ホルモンバランスや、年代に訪れる体の変化、ストレスへの対応」
この2つが整うことで、自然に解消される未来が訪れることを願っています。

北風のような強制的な施策ではなく、
太陽のように本来のやりがいや生きがいを照らしたい。
そう思っています。

師走のお忙しい金曜日に、会場は満員御礼。
総勢100名の方にご参加いただきました。

ご参加いただきましたお客様。
本当にありがとうございました。
 
◆《メディアの方へ:取材について》◆
この本の出版に関する取材などお受けしております。
こちらから、□出版・執筆・取材にチェックの上、
お気軽に、MY STORY K.K. 久保田一美までご連絡ください。