「女性活躍推進」や「働き方改革」、「生産性向上」や「キャリアアップ」など、社会から求められる『人材育成』を通して、人と企業が継続して「成長・発展」するための研修・コンサルティング会社です。

育休明けに自信を持って復職するために

待機児童の多い首都圏では、保育所に入ることは
想像以上に本当に大変です。

過日の日経新聞にこのような記事が掲載されていました。

「育休・復帰を後押し」 福利厚生代行

福利厚生代行各社が、顧客企業の従業員が育児休業制度を活用しやすく
するためのサービスを広げ、
・社員に代わって、保育所の空き状況を調べたり、
・出産や育児の際の申請を代行したり
という内容のものです。

この記事を読んで、このようなサービスが必要になってしまうくらい、
首都圏の保育園待機児童問題があるという現実と、
特に初産の場合の出産、育児の際の書類の申請などは、
初めてとあって、わかりづらいものだったりするということです。

私自身、2006年に第一子を出産した際、
後者の書類に関しては、良くわからずに人事部や、役所に
よく問い合わせたものです。

また、保育園に関しては、
認可保育園と認証保育園の違いは何か?から始まり、
どのような保育園が良いのか?またどの保育園に入れたら、
いつ復帰するのか?ということを、1年間の育児休暇中の
リミットのなかで、経験したことのない育児をしながら
行うことは、本当に大変でした。

0歳の乳児をベビーカーに乗せて、
北風寒いときに、数カ所の保育園を見学に行ったりしましたが、
その時点では、どこも2桁人数以上のキャンセル待ち。
本当に保育園に入ることはできるのだろうか、
と不安になったことが、思い出されます。

本来であれば、このようなサービスが必要ではない社会が
理想的なのかもしれませんが、現在の日本にとっては、
働く女性にとって、大変ありがたいサービスです。

このようなリアルに経験し、産休、育休、そして、復職後に
訪れる様々な不安をどう乗り越えたのか、そのような実経験を
織り交ぜながら行う「育休明けのキャリアデザイン」 研修の
お問い合わせが続いております。

◎研修のご依頼、カウンセリングのご希望は、お気軽に、
お問い合わせ|からよろしくお願いします。