◆ 「ダイバーシティ推進」「女性活躍推進」「働き方改革」「創造的思考力向上」「生産性アップ」「キャリアデザイン」など、社会から求められる『人材育成』を通して、人と企業が継続して「成長・発展」するための研修・コンサルティング会社です◆

自分らしいキャリア形成

【自分らしいキャリア形成-その幸運は偶然ではない】

気がつけばGWの前半が終了し、早いもので5月ですね。
今日は世の中にあるキャリア理論のなかで、
スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授の提唱した
「計画的偶発性理論」について、お話ししたいと思います。

企業研修やコンサルティングの時にもお伝えすることがありますが、
私がキャリア理論を勉強するようになって、この理論を初めて知ったとき、
「まさに自分はこのように生きてきたんだな」と思いました。

それは、
『キャリアの8割が、予期しない出来事や偶然の出会いによって決定される』
というものです。

将来に向けて、自分の得意なこと、やりたいことを学び、いざ会社に就職、転職、起業。
しかし、思ってもみなかったような分野への配属や展開というのは良くあるものです。

私自身も、新入社員当時、希望の職種で仕事を開始できたものの、
4年目にして、マーケティング部に転部。以降、ずっとBtoBマーケティングという
仕事に従事することになりました。

また、それまでの人生や考え方を変えるような素敵な人との「出会い」によって、
とても恵まれたキャリアを築くこともできました。

「計画的偶発性理論」は、下記のような行動特性を持っている人に
起こりやすいと言われています。

1.好奇心 [Curiosity]
2.持続性 [Persistence]
3.柔軟性 [Flexibility]
4.楽観性 [Optimism]
5.冒険心 [Risk Taking]

そうです。この5つの心構えを持って目の前の仕事を一所懸命にすること。
必ず誰かが見てくれています。

このキャリア理論に私なりの経験を加えるとしたら、
「一所懸命にやって、とことんやり切った後には、
本当に自然に、次に進む道が見えてくる」ということかもしれません。

その幸運は偶然ではなく、人生の流れのように必然的に訪れてくれるのだと思います。
だからこそ、「目の前の仕事」そして、「出会う人」を大切に、
これからも過ごしていきたいと思います。